FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機動戦士ガンダムUC episode.2 赤い彗星」

g_uc_ep2.jpg

一巻を観たのに感想書いてなかった「ガンダムUC」、第二話は劇場で観てきました。

やはり劇場で観た方が迫力があっていいですね。圧倒的に違います。
本編開始前に流れた第一話のダイジェストも自宅で観た時と違い、戦闘シーンが迫力満点。
スタークジェガンVSクシャトリヤのシーンがあんなに格好良かったなんて・・・。


さて、感想を書き忘れた第一話ですが、個人的所感としては
「登場人物が全員マトモで、良くも悪くも “宇宙世紀(富野)ガンダム” っぽくない」
といったところでした。

会話が支離滅裂一歩手前の、あの独特のバランス感覚は真似できる人がいないのではないかと。
その点、このガンダムUCは皆さんマトモで会話がかみ合っているため、とてもわかりやすい。


尚、原作小説の著者である福井晴敏氏の小説は、「海の深さは」「亡国のイージス」「終戦のローレライ」の三作を読んでおり、
三作全てが“後半になるほど盛り上がる、オッサン燃え小説”であり、これこそが氏の作風なのだと把握しています。

故に始まったばかりである第一話の時点では、まだまだガンダムUCのポテンシャルは測れないだろう、と思っていました。



さてさて、そんなこんなで今回観てきた第二話ですが。



たまんねぇ・・・!



いやもう、シナンジュが超カッコイイのなんのってもう。
やっぱりロボットの戦闘っていうのは、性能じゃなく技術で魅せるべきですよね!
デブリを避けたり蹴ったり盾にしたり、腕利きであることを示す細かい演出が心憎い!

戦闘シーンの最中はニヤニヤが止まらずそれはもうキモイ顔になっていただろうなぁと自覚しております。

いやー、やっぱり観た後にプラモを作りたくなってこそのロボアニメですよねー。
シナンジュだけじゃなく、リゼルなんかの量産型、クシャトリヤのような大型キットも欲しくなってきましたよ。


物語の方もいろいろ動き、第二話にしてここまで展開するのか!と、予想外だった部分も。
そしていいところで終了し、次回がとても気になるのですが、次回は来年三月だとか。

長いよ!今すぐ観たい!ギギギ・・・!
ああ、次回も絶対劇場に観に行こう・・・!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/664-e9f372af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。