FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を買う時は、基本的に作家買い。


生まれて初めて本の不良品に当たった。

不良品とは言っても乱丁や落丁ではなく、ちょっとした断裁ミス。

DVC00065.jpg
こんなかんじ。
断裁時にページが折れ曲がってたんだろうなー。


さて、この本どうしよう。

秋田書店に送ったら交換してくれるんだろうか?
しかし断裁ミスの本だなんてレアものっぽい感じもするんだよなー。

例えば製造ミスで穴が空いていない50円玉とか凄い価値があるって言うし。



いやしかし100万部売れているようなマンガならともかく、微妙にマイナーなこの本にプレミア的な価値は出るんだろうか?


プレミア価値はともかく、昭和の香り漂うショート漫画「木曜日のフルット」

木曜日のフルット 1 (少年チャンピオン・コミックス)木曜日のフルット 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2010/10/08)
石黒 正数

商品詳細を見る

1話2ページながら毎回切れ味のあるネタが描かれていて、とても面白いです。
個人的には「少年誌でなにしとんじゃーー!?」という台詞が出てくる回は特に面白いと思います。

しかし、次巻が出るのは何年後になるんだろう・・・?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/658-8665ec34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。