FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Halo REACH』ゲーム内容編。

Halo: Reach(通常版)Halo: Reach(通常版)
(2010/09/15)
Xbox 360

商品詳細を見る

早くも値下がりが始まっとる。




mission1-005846.jpg
難易度:ノーマルでキャンペーンをクリア、マッチメイキング(ネット対戦)とファイアファイト(協力マルチプレイ)を少々プレイしました。
各項目について感想を少々。



■ キャンペーン

お世辞にも褒められたレベルではなかったHalo 3と比べて、キャラや背景が重厚かつリアルに、さらに惑星リーチの空気感も表現されていました。
昨今のフォトリアルを求める海外タイトルの流れに乗ったのでしょうか。

グラフィックや挙動から「なんかオモチャっぽい」と思わされるHaloシリーズですが、今作も相変わらずオモチャっぽかったです。
車の挙動や死体のラグドールに“物体の重さ”を感じないことが原因に思うんですよね。コロコロ転がる様はまるでミニカー。
Halo 3のメイキングを見る限り、車の加減速や破壊にはこだわっていたようですが・・・。


イベントシーンは意外と頑張っており、迫力や緊迫感がありました。
序盤のシーンで、ピンチの主人公に上官が銃を蹴って渡すシーンなど「おおっ」と思わず言ってしまうほど。

しかしストーリーは・・・。
Halo 1~3 の主人公・マスターチーフが “特殊兵士スパルタン 最後の生き残り” で、今回の REACH が “Halo 1 以前のスパルタンチームの物語” という時点でもう。
個人的に結末が見えるストーリーは好きではありません。

mission1-033306.jpg



■ マッチメイキング

勝てねぇ・・・。

対戦ルールは色々あるのですが、最も基本的なルールである、参加者全員でのバトルロワイアル “Slayer” が勝てません。
参加者が8人もいると、必ず一人はニュータイプが潜んでます。
なんでヤツらはランダムに動く対象に正確にヘッドショットを決めれんだ!?
参加者の半分以上がニュータイプだった場合なんて、もう自分なんてカモでしかねぇよォォォーーーゥ!!

FPS名物である、ピョンピョン跳ねながらヘッドショットしてくるバケモノが見たければ是非プレイを。


mission1-084523.jpg
(※画像はキャンペーンのものです)



■ ファイアファイト

こちらは日本人好みのプレイヤー同士で協力して集団で襲い来る敵を撃退するモードになります。
うんまぁ、普通に面白い。特筆することもない。

mission1-253100.jpg
(※画像はキャンペーンのものです)


■ その他

・カスタマイズについて。
プレイヤーの分身となるキャラをカスタマイズできるのですが、色々カスタマイズできるようで実際は全然カスタマイズが出来ません。
全身の各所に小さな装甲を取り付けられる程度でシルエットがほとんど変化しないんですよね。

例えるならば、ジムからジム改にカスタマイズはできるけど、ガンダムやガンキャノンにすることは出来ない感じ。

一番見た目が大きく変わるのがヘルメットですが、どれもこれもフルフェイスのバイクヘルメットばかり。
スコープドッグのようなモノアイタイプとか、シャチホコとか作ればいいのに。

ちなみにカスタマイズによる性能の変化はまったくありません。

補給庫-000401



・難易度について。
ノーマル難易度でキャンペーンをクリアした後、一つ上の難易度でプレイしてみたのですが、すごく死にます。
命中率か威力か、敵からのダメージ量が大幅にアップ。
これで「本来の難易度です」と銘打っているのが恐ろしい。

さらに上の難易度がある他、スカルと呼ばれる項目をONにすることにより、
敵の攻撃が激しくなったり、敵の耐久力を倍にしたり、プレイヤーからの攻撃を近接以外無効にしたりと
難易度の上昇方法がこれでもか!と用意されています。

そりゃこんなゲームばっかりやってたらニュータイプも量産されるわ!!


しかし、やられた瞬間に「チクショウ、次は勝ってやる!」と思うのも事実。
難易度を上げたキャンペーンかマッチメイキングで勝てるまで、もうちょっと遊んでみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/651-551ea036
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。