FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペルソナ3ポータブル』


ペルソナ3ポータブルペルソナ3ポータブル
(2009/11/01)
Sony PSP

商品詳細を見る

ペルソナ4が面白かったので手を出してみました。


ペルソナ4は『テレビの中にある異世界』が冒険の舞台だったのに対し、
ペルソナ3は『深夜0時、一日と一日の狭間にある異世界』が舞台。

食傷気味なファンタジー世界を舞台としたRPGと違い、現実社会の隣にある舞台というのがいい感じ。


4のものを継承したというシステムは、ストレス無くサクサク遊べる親切設計。
ロードもほぼ皆無なうえ、戦闘もバランスも調整されたようで適度な難易度。


さらに女主人公を新規追加することで、PS2版を遊んだユーザーも新しい気持ちで遊べるサービス精神。



ですが、個人的な評価は 『 も っ た い な い 』 です。


PS2版から色々追加・改良がなされているのでしょうけれども、
4と比較して劣る部分、PSPに移植するために劣化した部分、
さらには比較や移植と関係なく、根本的にマズい部分が感じられます。


以下、もったいないお化けが出そうなポイントを列挙。



■ イベントシーン

p3ps2.jpg
(PS2版)

p3p.jpg
(PSP版)

PSP版の最も大きな変更点。
ポリゴンキャラによる人形劇が無くなりました。


そのため、アクションで笑わせるギャグシーンが全く笑えなくなっていたり、
「建物の影から謎の男が現れた・・・」などと妙に説明的な文章が入ったりと
もともとのイベントシーンがポリゴンキャラ用に作られているため、ところどころで限界が見て取れます。

最初から立ち絵イベント用にシナリオを作っていれば、違和感は感じなかった・・・かも。


■ ダンジョン

マップ自動生成ダンジョンです。
どれだけ進んでも風景は変わらず、敵の行動も変わらず、トラップなどの仕掛けも出てきません。
ただひたすらに敵を背後から屠り、階段を見つけて進むだけです。

そんなフロアが263階あります。 苦行かコレは。



■ 戦闘

「先制攻撃 ⇒ 弱点属性を突く ⇒ 全体攻撃を発動」
これが戦闘の基本であり、全て。
ただひたすらこれを繰り返すだけの作業になります。

全体攻撃の爽快感は悪くないので、マンネリ回避のためにもう一ひねり欲しかったところ。


■ キャラクター

ぶっちゃけ、4のキャラが良すぎました。
先に3をやってたら評価は変わったかもしれない。

4のキャラクターはよかったよなー。皆バカで。
見てるだけで楽しくて、食い物関連のイベントでは何度爆笑したことか・・・。

それと比べると、3はメンバー全員がギスギスしてるというか・・・
イベント消化したキャラが空気というか・・・




とまぁ、ぐだぐだ書いてきましたが、とても丁寧に作られている作品であり、
『名作』 には至らずとも 『良作』 の枠内には収まっている作品だと思います。


ちなみに自分は男性主人公でプレイ。

女性主人公でのプレイも考えてはみたんですが・・・
頬を染める野郎キャラのキモさに耐えられませんでした。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/608-f3392126
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。