FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな酷いのは久々だわ。

平野耕太のマンガって踏み絵だと思うんですよ。

平野耕太のマンガを許容できるか否かが境界線。
「一般人」と「もう引き返せないクソ野郎」の境界線。

ヘルシングなどに見られる狂気と紙一重の台詞回しに、悲壮で熱い展開。
それとそれと完全に狂気のほうに振り切れてる冨樫も真っ青らくがきあとがきコーナー。

それらをひっくるめて受け入れられるかが、引き返せるか否かの分岐点だと思うんですよね。



え、僕ですか?

僕はギリギリですね。




ギリギリアウト。




以下略以下略
(2009/04/28)
平野 耕太

商品詳細を見る
ヘルシング最終巻も買わず、こっち買ってきてる時点でギリギリどころかどっぷりな気がしなくもない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/566-e6a7bc86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。