FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逡巡したのち、やっぱり見殺しには出来んと覚悟を決めたのに。

※多少のグロがあります。お食事中の方などは読まれないよう、ご注意ください。









カラスや猫って、死期を悟ったとき、人間の来ない場所で最後を迎える・・・って言うじゃないですか。
たしかにカラスの死体なんて見たことがないので、その話はあながち嘘じゃないんだろうなぁ、と思ったんですよ。

ところが。


・・・今朝、ウチのベランダにて、野良猫がお亡くなりになっていました。

ウチのベランダってそんな人外魔境か!?

いや、発見したときはまだ息があったんですよ。
ただ外傷もなくて最初はただ寝てるだけと思ったんですが、どうも様子がおかしいので近寄って確認してみたら虫の息。

ビックリして近くの獣医を検索し、電話したとき現状を説明するために再び猫の元へ行ったら・・・
すでに息を引き取っていました。



その後、保健所に連絡して遺骸の処理方法(この呼び方もグサっときた)を教えてもらい、
コンビニでもらってきた段ボールに遺骸を移したのですが・・・。

持ち上げたとき、死後硬直が始まっていて、"生き物" からただの "モノ" になっていたことに戦慄。

久々に「死ぬのは怖い」という根源的な感情を肌で感じました。


今回の件は、隣部屋の子供がベランダで野良猫に餌付けしていたっぽいのが関係してそうです。
しかし餌付けしてた証拠もないので文句も言えないし・・・。

今の家に引っ越してからというもの、どうにもトラブルが多いです。
前の住居だったマンションの六階がいかに平和だったかが身にしみる・・・。

次に引っ越すときは絶対、マンションの一階は選びません。
スポンサーサイト

コメント

おらも祖母の葬式のときに、愛犬も臨終間近でずっとみてたんだけど、
ああいう死ぬ瞬間を見てしまうと、
死ぬのって恐ろしいなぁ、と子供心に思いました。
その犬は老衰で死んじゃったんだけど、
臨終間近の犬は目が透明で、
見た瞬間こっちが硬直してしまったw

  • 2008/08/30(土) 15:26:47 |
  • URL |
  • えろさん #-
  • [ 編集]

そういえば、この猫も目が透明でした。
・・・黒目はどこに行ってしまったんでしょうね?

  • 2008/09/02(火) 01:48:01 |
  • URL |
  • TOMY #.ZWFf9ps
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/488-42e7c1cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。