スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎 『グラスホッパー』

グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
(2007/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

復讐。功名心。過去の清算。
それぞれの思いを抱え、男たちは走る。
3人の思いが交錯したとき、運命は大きく動き始める…。
クールでファニーな殺し屋たちが奏でる狂想曲。



上司オススメ伊坂幸太郎シリーズの・・・もう何冊目か完全に忘れました。

いろいろなジャンルを手がける伊坂氏。解説によると、今回はハードボイルドだそうです・・・が、
正直なところ、その解説を読んだとき『えー?ハードボイルドかぁ?』と思ってしまいました。

ハードボイルドというか、説明しづらいんですけど、悪人の魅力ってあるじゃないですか。
「この悪役、筋が通っててカッケェ~」と思うときが。

この小説に登場するのは、基本、悪人ばかりなんですよ。
大物・小物、罪悪感のあるヤツ・無いヤツ、元カタギの小心者など様々なタイプの悪人がいるんですけど、
どいつもこいつも魅力が感じられない。
いやもう、悪人というよりチンピラかな。うん、チンピラのほうが相応しい。

殺された妻の復讐を狙う鈴木は何をやらせても中途半端なダメ男だし、
相手が女子供であれ日常感覚で殺しを行う、殺し屋の蝉は責任感の無いガキみたいだし、
会話だけで相手に自殺させる、自殺屋の鯨は罪悪感に潰されそうな小物だし。

主人公三人からして魅力が足りないし、何よりどいつもこいつも後ろ向きで読んでて気が滅入ってきます。
こんな後ろ向きな奴らばかりの物語のどこが「ハード」なのかと。

他にもアサリの塩抜きとかジャック・クリスピンとかオサレ雰囲気を狙って書いてるのか知らないけど寒いことこの上ない。

前回の「チルドレン」で出てきた陣内は良かったのに、また魅力無い人物ばかり書くようになってしまいました。
伊坂氏は変にオサレとかダークとか狙わないほうが良いと思う・・・。


なんというか、伊坂幸太郎の小説は当たり外れが激しくてギャンブルのようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vulcunphalanx.blog7.fc2.com/tb.php/487-8ea1a14b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。