スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴーストトリック」 クリア。

ゴースト トリックゴースト トリック
(2010/06/19)
Nintendo DS

商品詳細を見る

「それはから始まる一夜の追跡劇」

自らの命と記憶を同時に無くした主人公 「シゼル」 が失われた記憶と、自分が殺された事件の真実を求め、
<< 死者のチカラ >> を使って一夜限りの追跡劇を繰り広げるアドベンチャー。


ついさっきクリアしました。
その勢いのまま、ダダダーっと感想を書きつづる所存。


個性的なグラフィック、適度な難易度かつ個性的なゲーム性、逆転裁判でおなじみ巧舟氏のシナリオ。
どれもとても丁寧に作られていると感じられる佳作でした。

いやもう、本当に手抜きを一切感じられない佳作
佳作の中の佳作。佳作オブ佳作ですよ。


巧舟氏の代表作、「逆転裁判シリーズ」と比較してみますと、
ミステリーとしても、ゲーム性も、グラフィックも、この「ゴーストトリック」のほうが上。

しかし、どちらのほうが好きかと聞かれたら「逆転裁判」と答えてしまう。

「逆転裁判シリーズ」といえば、ミステリーなのに推理不可能なシナリオや、
イチャモンに近い証言崩しなどの問題のせいで、ゲーム性は破綻寸前だったのにも関わらず。


何故か。


自分が考えるに、主立った原因は二つ。


一つはキャラクター。

「逆転裁判シリーズ」といえば良くも悪くも個性的なキャラクターたちが魅力でした。
「ゴーストトリック」も巧舟氏らしく、個性的なキャラクター揃いでしたが、「逆転~」と比べると爆発力が足りない。
「ゴースト~」

「逆転~」はプレイ中、何度も爆笑させられたもんでした。
人間不思議なモノで、笑っていれば多少の欠点なんぞ気にならなくなるモンなんですね。
逆に言えば、「逆転~」で笑えなかった人は「ゴースト~」のほうが面白く感じるのかもしれません。



もう一つはシナリオのボリューム。

ぶっちゃけ短いです。
ゲームのプレイ時間も、シナリオ全体のスケールも。

またしても「逆転裁判シリーズ」との比較で恐縮なのですが、「逆転~」は全4~5話という区切りがボリュームか感じさせ、
また全話の事件がリンクしており、最後の最後で大団円を迎える構成がクリア後の気持ちよさを演出してたと思うのです。

対して「ゴーストトリック」もシナリオは綺麗にまとまっていたのですが、
いかんせんボリューム不足のせいでクリア後の読了感は “短編を一本読み終わった” 止まりといったところでしょうか。



とまぁ、グダグダ書き綴ってきましたが、「面白かったか、面白くなかったか」と聞かれれば
間違いなく「面白かった」と答えます。

超大作(笑)やリメイク(笑)ばかりの昨今ですが、こういう小粒ながらもピリリと面白い作品を作るスタッフには頑張って欲しいですね。

気が早いですが、次回作にも期待しています。

【“「ゴーストトリック」 クリア。”の続きを読む】
スポンサーサイト

食べ比べてみて「アブラ」っぽかったとか勘弁な!

何故 「アブラゼミ」 と名付けられたのかがわからない。


ミンミンゼミ、クマゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシなどは名前の由来が想像つくけど、アブラゼミだけはわからない。

一体全体、アブラゼミのどのへんが 「アブラ」 だったんだろう?

どれだけ早く確認開始するか見物。

件の生存偽装による年金不正受給事件で、政府が高齢者の生存を確認して回るとニュースで流れてましたが

あれって大々的に報道すると、不正受給者が身代わりなどを準備し始めてしまうのでは?


あー、でも報道しないと「政府何やってんだ」って叩かれてしまうのか。

となると、身代わり立てる暇が無いほど電撃戦をするしかないのかな。
これで生存確認の開始が一ヶ月後とかなら笑えますが。(笑えねぇ

個人的にシリーズ最高傑作は04。「嘘でもいい!メビウス1が来てるって言っとけ!」

一週間ほど前の話。

エースコンバットX2 ジョイントアサルトエースコンバットX2 ジョイントアサルト
(2010/08/26)
Sony PSP

商品詳細を見る


体験版が出てるそうなのでプレイしてみようと思い、Playstation Storeを探し回るも見つからず。

「まだ配信されてないのかな?」公式サイトに確認に行ったらば
体験版は公式サイトからしかダウンロードできないという謎仕様が発覚。なんでやねん。

しかし、なんかさっき公式サイトで確認したら今現在Playstation Storeでも配信開始してるんですってね。
我ながらなんと間の悪い。


まぁそれはともかく体験版ですよ。

ACE COMBATシリーズは初代~04、ZEROとプレイしている古参(笑)プレイヤーとして久々に飛んでみたのですが・・・。

PSコントローラーで飛んできた身としては、PSPのジョイスティックで飛ぶのはキツイっす。
オプションパーツでジョイスティック用キーパッド付けてるんですが、それでもキツイ。
LRでヨーイングが出来ないなどの細かい点もあって、なっかなか操作に慣れません。

そしてなんとか慣れようと四苦八苦しているウチに体験版が終了してしまったw

orz


あと気になったのは、このゲームのターゲット層の年齢、また実際のプレイヤーの年齢はどれぐらいなんでしょうか?
[ CERO A ] ではありますが、PMC(民間軍事会社)やらの軍事用語やストーリーは子供にはわからない気がするのですが。

ボイスが日本語なのも低年齢層への配慮なのでしょうか。


FPSなどでもそうですが、日本語ボイスは指示がダイレクトで伝わりやすいなどの利点があります。
また日本の声優さんは演技力が高く、イベントシーンなども印象的な演技をしてくださいます。


が、ACE COMBATシリーズは別。

なんだこの滑舌の良すぎる優等生オペレータ-!? 殺伐さが、殺伐さが足らん!
もっとウィットに富んだジョークを! 無駄にテンションの高い叫声を!

<< ○○1、エンゲィジ >>

や、

<< ヒュゥー! ナイス キル! >>

と声を掛けてくれないオペレーターはつまらないです・・・。



と思ったら、なんだオプション項目にボイスの言語選択があるじゃないですか!
さっすがProject ACES!ツボをしっかり押さえてますね!ニクいねコノコノ!

よーしそれじゃあパパ英語ボイス選んじゃうぞ-!




<< 体験版では英語ボイスは選択出来ません >>


orz


まぁそれはともかく、ここ数年据え置きで新作が出ていないのが寂しいところ。
PS3 か 360 で新作出してくれないかなぁ。惚れ惚れするような美しい空を飛びたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。