スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あずまきよひこ 「よつばと!⑦」

yotubato7.jpg よつばと! 7 (7) (電撃コミックス)
あずま きよひこ (2007/09/27)
メディアワークス


あいかわらず絶妙のギャグセンスで笑わせてくれますw
「おかねをふりこまないと・・・」とか会話のセンスの良すぎw
ああもう、すごい癒される!

個人的にお気に入りのキャラは風香。
スペックは高いはずなのに、周りの扱いが酷かったりほんのり頭弱かったりする幸薄さがたまりません。
しかし、風香って人気あるんだろうか・・・?
あずまきよひこ氏の漫画はキャラ立ちで人気を獲得してると思うのに、何故か人気投票とかやらないからなー。



そういや昔、「あずまんが大王のどのキャラが好きか?」って話になって
周りが「大阪!」「榊!」「大阪!」「大阪!」とほぼ大阪コールが湧き上がる中、
自分一人「神楽。」と答えて可哀想な子を見るような視線の集中砲火を喰らったことがありました。

挙句の果てに友人から
「あずまんがドンジャラ(PS)買ったんだけど、神楽のシナリオだけやる気しないから代わりにクリアして」
なんて言われる始末。

自分の趣味が他人とズレてるのは認識してたけど、ここまでか!

風香もきっと人気無いんだろうなぁ・・・。
スポンサーサイト

藤田和日郎 「黒博物館 スプリンガルド」

黒博物館スプリンガルド (モーニングKC) 黒博物館スプリンガルド
藤田 和日郎 (2007/09/21)
講談社


 1837年、大英帝国の首都ロンドンに、女性ばかりを狙って悪戯をする犯罪者が現れた。
 脚に「バネ足」を仕込み高く跳び上がり、目と口を光らせ、奇怪な声で笑う怪人物は、イギリス国民から「バネ足ジャック」と呼ばれ恐れられた。
 しかし、1838年春、犯人 は逮捕されることなくその姿を消した。
 それから3年後の1841年、再び姿を現した「バネ足ジャック」は、悪戯ばかりでなく女性を殺害する殺人鬼となっていたのだが……。



「邪眼は月輪に飛ぶ」に続く、藤田和日郎の一巻完結シリーズの二冊目。

「邪眼は月輪に飛ぶ」が「うしおととら」的な雰囲気の作品だったのに対し、
今回は「からくりサーカス」的な雰囲気の作品となっており、これもまた面白いです。

19世紀ロンドンという浪漫溢れる舞台で巻き起こる、藤田氏お得意の漢の戦い。
自らを犠牲にしながら惚れた女のために戦うところとか、敵が情けない変態なところとか藤田節全開です。

が、比較対象の「邪眼は月輪に飛ぶ」が名作過ぎたためでしょうか。
「見るだけで相手を殺してしまうフクロウ」ミネルヴァの強烈な恐怖に対し、今回は少々パンチに欠ける。
個人的には本編よりも、後日談の「マザア・グウス」(同巻収録)のほうが好みだったり。

しかし面白いマンガは長期連載ばかりという昨今、短い巻数で終わる名作はとても貴重。
藤田和日郎氏にはこの調子で一巻完結の漫画を量産していただきたいところです。

くだらねぇシリーズ:犯人は大体自販機。



二千円札の今のポジションって 出 オ チ 芸 人 だと思うんだ。

犯人はヤスだった制作記(1・完)

─── その日、僕は飲み会に出るために普段より早く会社を出て電車に乗ると、
     偶然会社の先輩らが同じ電車に乗り合わせていて、今からどこに行くのかを尋ねたら、
     なんと僕と先輩らは別件の飲み会で同じ店に予約を入れていたことが判明。

     「よく行く店ってわけでもないのに、すごい偶然ですね」
     などと朗らかに談笑する僕と先輩たち・・・。

     このときはまだ、この会話が原因であんな悲劇を起こすなんて、誰も予想しえなかったのです ───

なんてモノローグよくあるじゃないですか。
現実で言うとたいてい冗談なんですけど、マジでこのモノローグ通りの悲劇を体験しました。TOMYです。


さて、久しぶりの制作記ですが、サボっていたわけではなく
ちょいとばかし手間のかかる大物モデルに着手していたのです。
その大物モデルというのはコチラ!




07-09-24.jpg
○○ボス!!!




結構重要なポジションのモデルのため、パーツすら見せられません。
というのも、僕はネタバレっちゅうのが大嫌いなんですな。

ユーザーの皆さんには初めて見た瞬間に
「なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ!?」
と殉職寸前の刑事のように驚いて頂きたいのです。


まぁ、その考えのあまり出来上がったのが、ダニエル機のようなアホモデルだったりするのですが。

ここ一番に弱いってレベルじゃねーぞ!!

えー・・・明日の東京ゲームショウ、開場一番で入場する予定だったんですが・・・





会 社 に チ ケ ッ ト 忘 れ ま し た 。






うはwwwwwww 俺アホスwwwwwwwwwwww

帰り際に「よーし、忘れモンねぇなー」って指差し確認までしてたのにwww

しかたないので明日の朝一で会社に取りに行くことに。
自宅から会場まで二時間かかるのに、さらにロスタイムとか勘弁www


これだけのマヌケ晒すのはちょうど一年前の
「自分幹事なのに飲み会に遅刻しそうであわてて飛び乗った電車はなんと逆の方面行き。しかも特急」
以来の大マヌケwww


このここ一番で超ド級のマヌケ晒す悪癖はなんとかならんものか・・・。

ええいっ、もう今日はとっとと寝る!!!

シャープあたりでVGAの機種が出たら買い換えようと思う。

またしても腹を壊しました。TOMYです。
といっても前回ほど酷くはないですが。なんとかならんかこの貧弱極まりない我が胃腸は。



突如、携帯が壊れました。



何の前触れも無く、通話もパケット通信も出来なくなりまして。
しかし電話帳やスケジュールなど本体の機能だけは使えるんですよ。

コレ内部の通信用装置かなんかが壊れたんかなー?

普段なら一日二日壊れてても支障は無いんですが、今ちょうど大勢の人と連絡とってたり、
引越しの見積もり依頼とか出してたりしたので大いに困る。
こういうときに限って壊れるのがマーフィーの法則ってやつなのか・・・ッ!

とりあえず救いを求めてドコモショップへ。
カウンターのお兄さんに事情を説明するとサクッと直してくれました。
お兄さんアリガトー!


え?どうやって直したかって?
えーと、まぁ、電源切って再起動しただけなんですけどね。

本体が一回電波を拾うのに失敗すると、その後ずっと通信が出来なくなるらしいです。
なんか色々仕様が間違っている気がするが、とりあえず直ったからいいか・・・。

引越し!引越し!さっさと引越し!

ここ最近味噌汁が美味しく感じてしかたないTOMYです。
嗚呼、体もしっかりオヤジ化してきてんだなぁ。

先日、会社より「開発も末期に入ったから、お前らもっと働け」令が出ました。
出社時間と休日の拘束が増えるようです。マジかー・・・。

しかし先見の明に優れた僕は、通勤時間を1/4に短縮できる引越し先を既に見つけていたのであった!
(本当はまさか会社から直々に命令が来るとは思ってませんでしたけど)

そんなわけで、こないだ新居を探しに行きまして。
そのときに内覧に付き合ってくださった仲介業者さんが教えてくださったお話をつらつらと書いてみようかと。


※注:以下はあくまで聞いた話であって、話のウラなどは取っていませんので、与太話程度で聞いてください。




■ 不動産屋は自社管理の物件で決めたがる。

 不動産屋というのは大きく分けて2通りあり、一つが仲介兼物件管理式、そしてもう一つが仲介専門式で、多くは前者の形態だそうです。
 礼金が二ヶ月分の場合、そのうちの一月分や家賃の管理費・更新料などは管理会社が受け取り、さらに悪徳なところだと契約時に事務手数料とかわけのわからない料金も請求されるそうです。

 多くの不動産屋は自社管理の物件に入居してもらいたいので、それは親身になって自社物件を紹介してくれるとのこと。

 ちなみに僕が尋ねたところは仲介専門で、あちこちの不動産屋から物件を紹介してもらうので他所より多くの物件を紹介できると仰ってました。

 ちょっと自社自賛っぽい話ですが、お金の流れなどに嘘は無いかとと思います。




■ ネットに出ている物件は一癖ある物件が多い。

 ネット上で見つけた物件の問い合わせをすると、
 『あー、その物件はさっき入居者が決まっちゃったんですよー。』
 と言われて他の物件を紹介される・・・というのは良く聞く話。
 実際、僕も何度もそういう目に遭いました。
 酷いところだと昨日掲載された物件について問い合わせたら、さっき決まったと言われたり。

 それで今回、一緒に回った店員さんが結構色々話してくれる方だったので、
 「ぶっちゃけ、ネット上の物件情報って客寄せのために良いのを載せてたりするんですか?」
 と質問してみました。

 返答は「一見よさそうな物件に見えても、実は日当たりや周囲の環境などで問題のある場所が多い」とのこと。
 良い物件というのはネットに掲載せずとも、すぐに次の入居者が決まるし、さらに物件検索サイトは登録費が掛かるので、ネット上の物件というのはしばらく入居者が決まらなかった所で、全国から物件を探している人のために掲載している仰っていました。

 要は「やっぱりネットの物件情報は客寄せパンダだ」ってことだと思います。




■ 良い物件というのはどこにも掲載されていない。

 物件情報の登録というのは
  入居者退去 ⇒ ハウスクリーニング ⇒ 専有面積の測量 ⇒ 大量のチラシ印刷
 という流れになっているそうですが、実はハウスクリーニングの前に物件の内覧・契約が出来るのです。
 その場合は雑誌にもネットにも物件情報は掲載されていないので、直接不動産屋に尋ねないと情報が出てこないわけです。

 なので、良い物件と見つけたければ多くの不動産屋を巡ってまだ登録されていないものを探しましょうってことらしいです。




■ 2月・3月の入居ラッシュは君の想像以上だ。

 当然ながら、新入生・新社会人が家を探す2月・3月というのは需要が多すぎて普段は誰も入らないような家でも入居者が決まってしまい、そういうところは普段は礼金・敷金が一ヶ月ずつだったのが二ヶ月分に増えたり、家賃も数千円アップしたりするそうです。
 さらには引越し業者も普段の倍以上に値段が上がり、荷物が少ない=安い仕事は断られてしまったり。
 2月・3月が家探しが大変というのはわかっていましたが、ここまで露骨だとは思いませんでした。

 店員さんによると、不動産の閑散期は5~8月で色々安く、9月ごろから値段が上がり始め3月がピーク。ラッシュを避けて12~1月に家を探しに来る人も結構多いとのことでした。





とりあえず家を探す人向けに役立ちそうな話はこれぐらいでしょうか。
でもこんな辺境のサイトに家探しの情報を求めてくる人なんて居るかなぁ? ・・・居ねぇだろうなぁ~。

まぁいいや。
他にも不動産屋は客から信用を得るために良い時計をしないといけないとか、色々面白い話も聞きましたが、それはまた別の機会にでも。

別件で胃が痛かったり。

とある情報がネット上で錯綜する様を観察するのが、非常に興味深いです。

噂レベルのものが、さも確定情報であるというような流れになっていたり、"自称事情通"が邪推していたり。
暴走、捏造、煽動といった情報のうねりが見えたり、故意に特定の方向に話題を向かせようとする意思が見え隠れしたり。


情報元のほうも、この情報の露出は迷走までも予想してのものなのだろうかとか、
むしろ迷走させることで話題性を持たせようとしているのだろうか、とか。

自分も普段はガセ情報に踊らされるほうですが、
いざ真相を知る立場から騒ぎを見ると、なんとも面白いものなんですね。

お腹を壊しながらもテクスチャ制作記(1)(完)

仕事中にテンションが全く上がらず困っているTOMYです。

お腹が痛くても製作を遅らせるわけにはいかないってのが、クリティカルパス担当の辛いところ。

今回は既に画面に出ているヒロイン機のテクスチャ直し。

07-09-11.jpg

このモデルは僕の担当ではなかったのですが、
他の機体と密度などを合わせるためにテクスチャを描きなおしました。

とりあえず今回はこんなところで。

輸出先リンク。
妖精さんとかエロい
えーでるわいす制作のシューティングゲーム「ETHER VAPOR」に制作協力中です。

とにかくエロい
牛タンまみれなボスのサイト。

生還。

瀕死状態からかろうじて回復したTOMYです。っつってもまだ衰弱状態ですが。

いやー、久々に命の危険を感じるレベルの体調不良に見舞われました。ホント死ぬかと思った・・・。

事の発端は水曜日。
会社の先輩から突然「今晩飲みに行かないか?」とメールが。
この先輩こそ、僕に日本酒を教えてくれた先輩でして、かなりの酒豪でいらっしゃいます。
そんなわけで酒も進んでいつもより多く飲んだんですが、帰りの電車にて異変が。


寒気がする。

それも半端なく。


ついでに体の節々も痛くなってきて、帰りの電車の30分が数時間にも感じる超苦痛列車。
これなんて地獄行き急行?

なんとか自宅に帰りついたものの、今度は腹まで下してさらには頭痛までプラス。(←これは多分酒のせい)
特に腹下しが酷く、飲み食いしたものがすぐに流れる管人間と化す。

そのまま潰されたヒキガエルのようなうめき声をあげつつ一晩中うなされ、翌日は熱まで出た。
ろくに動くこともままならず、自宅近くの薬局とコンビニで買い物するのが精一杯。
(既に症状を伝えてるのに、同じことを何度も聞き返してくる薬局のオバハンに軽く殺意を覚えたのはナイショ)
その日は食欲も湧かず、バナナとヨーグルトで食いつなぐ。


さらに翌日。
熱も引いて少しはマシになったので、頑張ってスーパーまで行き、うどんの材料を買う。
酷い汗をかいて着るものもなくなっていたので頑張って洗濯もする。
うどんとバナナとヨーグルトで食いつなぐ。


さらにさらに翌日。
腹痛悪化。腹の具合だけが直らない。
これひょっとして風邪じゃなくて何かに当たったんではなかろーか?
かつて一週間寝込んだ皆で食った刺身で僕だけヒット事件と、入院までした温泉卵で超ヒット事件を思い出す・・・。


そして今日、なんとか管人間から普通の人間に戻れました。
やせている人間はこういうとき栄養の蓄えが無いので管人間化はヤバイです。
ただでさえ標準体重から10kg以上足りないんですよね、僕・・・。


一人暮らしは本当に死の危険と隣り合わせですばい・・・。

飲み会テクニック。

「あー、スパロボやりてぇ・・・・」
今、スパロボ中毒の禁断症状と戦っている僕はゲーム会社に飼い殺されているごく一般的なヘタレプログラマー。
強いて違うところをあげるとすると、モデリングが趣味ってことかナー。

そんわけで、今日もテクスチャをモリモリ書き込んでいたのだけれど、
ふと見ると、なるさんから一通のメールが届いていた。
「前の同人STG飲み会の人から飲みに誘われたんだけど、来る?」

うほっ!良い飲み会!

い か な い か ?

コミケ後の飲み会に参加できなくて悔しい思いをしていた僕は
誘われるままにホイホイついて行っちゃったのだ。

彼ら───
sectionSのS3さんねこみみのかけらダグラスさんはちょっとワルっぽい男前で
飲み会もやりなれているらしく、秋葉原につくなりオススメの店に案内されてしまったのだ・・・・


と、これ以上くそみそにすると怒られそうなので(もう手遅れか)普通の文面に戻します。

実は同人サークルの方と飲みに行くのは初めてだったのですが、色々と面白いお話を伺うことができました。
しかし、僕が同人シューティングにあまり明るくないので
記憶に残ってるのはラーメン屋とか鳥肉の店の話ばっかりだったり。
きっとお酒のせいだよ。きっと。うん。


その後は皆でなるさんのお家に突撃。

それぞれの開発タイトルについての話をしたり、実際にプレイしてみたり。
さらにはダグラスさんに開発中の画面を見せてもらったりして、
その画面全体のクオリティーの高さについポロっと
「背景とかすごい綺麗なー・・・」
と言っちゃったもんだから、隣にいたEVの背景を作ってる方が凹んでらっしゃいました。

しーましェーン!!




あと、なるさん家の築年数の古さからくる “味” には程度慣れていたんですが、
流石に今回、トイレのドアノブが外れたのはビビッた。

お、俺を部屋から出してくれぇーーーッ!!!

create_shtさんのmixi日記に面白い数学クイズが書かれていたので、
僕もどこかで聞いたクイズで便乗してみる。


問.
ある部屋に三人の男性が一列になって並んでいます。
彼らは頭の上にカップを乗せており、カップの中には紅茶かコーヒーのどちらかが注がれています。
彼らは前に並んでいる人のカップの中身を見ることは出来ますが、
自分と後ろの人のカップの中身を覗き見ることは出来ません。
そして自分のカップの中身がわかった人は、部屋から出ていくことが出来ます。
尚、全てのカップに同じ飲み物が注がれていることはありません。

以上の条件下において、3人のうち1人だけ、自分のカップの中身が100%わかる人がいます。
さて、それは誰でしょう?



これは確か、本で読んだか、誰かから聞いた話だったと思います。
まー、そんな難しい問題ではないですね。
落ち着いて考えればわかるはず。


それでも思考の迷路に陥ってしまった人のためにヒントを。
「三人それぞれの立場になりきって考えてみましょう。」

誰が100%わかるかとかではなく、それぞれになりきって
「今、どうやったら自分のカップの中身がわかるか」
を考えてみれば答えが出るかもしれませんよ?





ちなみに、「後の人のカップの中身は誰も観測してないから決まらない」とか
そんなシュレーディンガーの猫チックな話は、このクイズには通用しませんからねー?


以下正解(以下反転)
答えは真ん中の人。
正解へのキーは「一番後ろの人が退室したかどうか」

後ろの人が退室したのなら、自分と前の人のカップの中身は同じものということになり、
後ろの人が退室しないのなら、前の人の中身とは違うもの、ということになります。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。