スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても会社から以下略。


ああもうド畜生、どうしてMayaってやつはこう・・・!

スポンサーサイト

本レビュー : 乙一 「天帝妖狐」

一人乙一フェアー開催中。TOMYです。

天帝妖狐 天帝妖狐
乙一 (2001/07)
集英社


どうして乙一の本ってなぁ、短編および中編集が多いんでしょう。
今回の収録内容は以下の二編。


───「僕」が落ち着ける喫煙所として選んだ、剣道場裏側の寂れたトイレ。
ある日、そのトイレの壁に「ラクガキスルベカラズ」という矛盾した落書きが書き込まれた。
その落書きに返事を書いてみたところ、他にも落書きで返事をする人物が数名現れ、
トイレの壁は落書きによる匿名コミュニケーションの場となった・・・。
(「A MASKED BALL -及びトイレのタバコさんの出現と消滅-」)

───「鈴木京子様、あなたがこの手紙を読んでいるころには、もう私たちの別れも済んでいることでしょう。
 このような形であわただしくあなたと離れるのを残念に思います。
 もしかするとあなたなら、今の私の姿を目にしても悲鳴を上げず、顔をしかめないのではないかという幻想を抱くこともありました・・・」
(「天帝妖狐」)


お気に入りは「A MASKED BALL」
作中の匿名コミュニケーションって、どことなく2ちゃんを同じような事をやっているんですよね。
(少々範囲がローカルですが、過疎ってる学校スレみたいなもんですか)
それをトイレの落書きに置き換えて物語を展開するっていうセンスが良い。
しかもコレが書かれたのが1998年。著者はおそらくまだ未成年の頃ですよ。

しかも解説によると、この「A MASKED BALL」が乙一の二本目(三本目?)の作品だそうで。
そりゃデビューしたてでこれだけ面白い話を連発出来るなら、大型新人扱いされるわなぁ・・・。

今日の名言。

知り合いの人に言われた一言。


「自分の餌は自分で取れるようになりなさい」


これが今の自分にピッタリの言葉だと思った。
がんばろう。いろいろ。

本レビュー : 乙一 「暗黒童話」

(世界にはびこる版権の鬼・千葉ネズミのテーマで)
デッスマーチ♪ デッスマーチ♪ デッスデッスマーチ♪
デッスマーチ♪ デッスマーチ♪ デッスデッスマーチ♪ ヘイッ!

一人乙一カーニバル開催中。TOMYです。



暗黒童話 暗黒童話
乙一 (2004/05)
集英社


突然の事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。
臓器移植手術で死者の眼球の提供を受けたのだが、やがてその左眼は様々な映像を脳裏に再生し始める。
それは、眼が見てきた風景の「記憶」だった・・・・・・。
私は、その眼球の記憶に導かれて、提供者が生前に住んでいた町をめざして旅に出る。
悪夢のような事件が待ち構えているとも知らずに・・・・・・。



今回の本は乙一には珍しい長編小説です。
内容は残酷性が出ている黒乙一的方向の作品。
会社の先輩曰く、『暗黒童話を貸した子に「気分悪くて先が読めない」といわれた』とのこと。


こんなこと言われちゃったら、ワクテカしながら読むしかないっすよねぇ?


黒乙一の代表的作品と言えば「GOTH」ですが、アチラは登場人物の全員がトチ狂っているのに対し、
この「暗黒童話」は描写に少々グロがあるというタイプ。
一例を挙げますと、


自宅を訪ねてきた中年男性の腹に包丁を刺し、そのまま縦に裂く。
ワイヤーで男性を天井から吊り上げ、中身を全て引きずり出し、皮膚を裏返してゆく。
裏返した皮膚の表面に引きずり出した内臓を貼り付け、表裏を逆転した状態にする。

顔の皮膚と筋肉も縦に裂き、後頭部側へ裏返して頭蓋骨をあらわにする。

しかしとある理由により、この中年男性はこの解体作業中ずっと
“ 絶 命 し て い な い ”

男性は恍惚とした表情で自身が解体されてゆく様を眺めている・・・。



みたいな。
上記は適当に端折ってかいてますが、本文ではもっと細かく描写してくれてます。

うん、これは気分が悪くなる人もいるでしょうね。
僕は平気でしたが。

話の内容は十分面白いんですが、他の乙一作品と比較すると少々パワー不足。
グロ以外の部分が結構ありきたりのカタチに落ち着いちゃってるんですよね。
乙一の作品はいつもこっちの予想を裏切ってくれるので、そのへんを楽しみにしてたんですけどねぇ。

長さのほうも中だるみするところがあり、中編ぐらいでまとめたほうがよかったのではないかと思ったり。

会社から更新中。

おうちかえしてー

本レビュー : 乙一 「失はれる物語」

一人乙一フェスティバル開催中。TOMYです。

失はれる物語 失はれる物語
乙一 (2006/06)
角川書店


前回の「ZOO」に続き、今回も計七編を収録した短編集です。
「ZOO」がダークからコメディまで何でもアリだったのに対し、
この本に収録されているのは切ない系の物語ばかり。

お気に入りは

───学校で唯一携帯電話を持っておらず、友達もいない女子高生・リョウ。
リョウは「もし携帯電話を持つならこんな形がいい」と頭の中で理想の携帯電話をイメージするが、
そのイメージの携帯に突然電話が掛かってきて・・・。
(「Calling You」)

───大学入学を機に一人暮らしを始めた「僕」
叔父の紹介で引っ越した家はつい最近、前の住人が殺されたという曰く付きの物件だった。
家に住み着いていた子猫には幽霊となった前の住人が見えるようだが、その幽霊はどうにも世話焼きで・・・。
(「しあわせは子猫のかたち」)

の二編。

本当に乙一の作品はハズレが無いなぁ・・・。

本レビュー : 乙一 『ZOO (1)(2)』

13日の金曜日なんかより冬の14日のがよっぽど怖いよね。TOMYです。

QED、京極堂、ジョジョと長編シリーズを読み続けたので、
ここらで軽い乙一の作品に手を出すことにしました。

ちょっと本棚に乙一の本が溜まってきてたので、ここらで一人乙一祭り開催決定。
まず最初の本は、一編につき50ページ前後の短い短編集であるこの本をセレクト。

ZOO〈1〉 ZOO〈1〉
乙一 (2006/05)
集英社

ZOO〈2〉 ZOO〈2〉
乙一 (2006/05)
集英社



映画化もしたこの本。
収録作品は以下の通り。

ZOO(1)に収録。
 ・カザリとヨーコ
 ・SEVEN ROOMS
 ・SO-far そ・ふぁー
 ・陽だまりの詩
 ・ZOO
※コチラに収録されている各編が映画化されたもの。

ZOO(2)に収録。
 ・血液を探せ!
 ・冷たい森の白い家
 ・Closet
 ・神の言葉
 ・落ちる飛行機の中で
 ・むかし夕日の公園で

乙一の作品には共通した特徴がないとよく言われますが、
あらすじを見てワクワクするのが特徴だと僕は思うのですよ。
この短編集も多分に漏れず、各話とも仕掛けが凝っているんですよね。
例をあげますと・・・

双子の姉妹なのに何故か姉のヨーコだけが母から虐待され・・・
(「カザリとヨーコ」)

謎の犯人に拉致監禁された姉弟。排水溝でつながった七つの牢獄と恐ろしいルールから姉弟は抜け出せるのか?
(「SEVEN ROOMS」)

あと一時間で死ぬかもしれない環境にて、隣の席のセールスマンから安楽死の薬を買うべきか否か?
(「落ちる飛行機の中で」)

何者かが毎日一枚ずつポストに入れる写真。それは殺された恋人の死体が腐敗してゆく様を一日ずつ写したものだった。
(「ZOO」)

などなど。

話の雰囲気もダークなものから切ないもの・コミカルなものまで様々。
短編ながら綺麗に収まった作品もあれば、もう少しページが欲しかったものまで玉石混合でした。
個人的にヒットだったのは「SEVEN ROOMS」と「落ちる飛行機の中で」の二編。

この本は様々なジャンルの短編が収録されているので、
少し空いた時間に読むには最適なんじゃないでしょうか。

きっと、お気に入りの作品が見つかるはず。

露伴ってやっぱ荒木の化身なの?

ジョジョの奇妙な冒険 (25) ジョジョの奇妙な冒険 (25)
荒木 飛呂彦 (1992/02)
集英社



dododododo.jpg


「質問だ…何部まで読み終わったか? あててみな」

「ひ… ひと思いに3部までだと…言ってくれ」

NO! NO! NO! NO! NO!

「ご…5部?」

NO! NO! NO! NO! NO!

「ぜ…ぜんぶですかあああ~」

YES! YES! YES! YES! Y E S !

「もしかしてスティール・ボール・ランもですかーッ!?」

「YES! YES! YES! "OH MY GOD"」

「読破読破読破読破読破読破読破読破読破読破読破読破ァァァッ!!!」






【“露伴ってやっぱ荒木の化身なの?”の続きを読む】

ネタに出会う時間も書く時間もねぇ。

まずい・・・


これは・・・



悪いタイプの忙しさだッ!!!


最近仕事中に気を抜くと視界と脳みそがこう、 ぐ ら っ とゆれるんですが、
コレは貧血なのかそれとももっと深刻な何かなのか。TOMYです。


ふとした疑問なんですけど、映画や漫画なんかで主人公が男性だった場合、
相手役の女性のことを “ヒロイン” っつーじゃないですか。

じゃあ主人公が女性だった場合、相手役の男のことはなんて呼ぶんでしょ?

“ヒロイン”の対義語だから・・・“ヒーロー”?
何か違う。

今年はどの方角だっけ?

微妙に仕事が忙しいです。
一、二日の徹夜とかたいしたこと無いけれど、忙しい日が続くとダメージがでかいんですよね。TOMYです。


さて、今日(正確には昨日か)は節分でしたね。
スーパーやコンビニなんかで恵方巻きを売ってましたが皆さん食べましたか?


僕は食べるの忘れてました。


でも豆のほうは大好物なので5袋ほど食べました。
あれ、節分の前後しか売ってないのがネックなんよなぁ・・・。好きやのに。

そういえば去年、会社の先輩に
「TOMY君、大阪人だよね? あのさー、最近恵方巻きとかよく売ってるけど、
 あれって大阪の人は本当に恵方向いて食べてるの?」
なんて聞かれたことがありました。

ええ、食べてましたとも。
キッチリ恵方向いて食べ終わるまで無言ですよ。
恵方巻きを食べてる間はいかに自分が喋らず相手を喋らすかという悪戯タイムですよ。


しかし東京に恵方巻きの文化がないっていうのはビックリした・・・。
ところどころで「恵方巻きは商売の臭いがする」とか言われてますが、

こちとらガチでガキの頃から恵方巻き喰っとるちゅうねん!

自国の文化を商売臭いとか言うのって、どうよ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。