スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○○○○一族の行動が謎。

逆転裁判4 NEW Best Price!2000逆転裁判4 NEW Best Price!2000
(2008/04/24)
Nintendo DS

商品詳細を見る

はい、そんなわけでクリアしました「逆転裁判4」

感想ですが、いつもの如く結論から先に言いますと

「単品としては面白かったけど、逆転裁判シリーズとして考えるとシナリオとキャラのハッチャけっぷりが足りなかった」

といったところでした。


なんといいますか、悪い意味で前作に縛られている感じが。
前作キャラが悪い成長を遂げてて、気持ちよく終わった1~3の余韻をブチ壊してしまってるんですよね。
いっそ前作キャラは一切出ない方が良かったのではないかと。


最終話で全ての事件が集約する作りや、超展開&ギャグでぐいぐい引っ張ってく裁判シーンは健在なのですが
ここも前作と比べると勢いが弱い。


キャラクターもハッチャけっぷりが足りないんですよね。
図星つかれたときのリアクションも今回は笑えないのが多かった。
特に [リーゼント刑事は最後リーゼントからミサイルでも出してくれると信じてたのに] 超期待はずれ。

裁判シーンも今まではカツラ投げつけられたり、ムチでしばかれたり、コーヒーぶっ掛けられたりしてたのに
今回は相手がエアギターするだけ。
スカしてないで、もみあげドリルで机砕くぐらいせんかい!と。


そしてシリーズおなじみの理不尽さも健在。
矛盾が超こじつけとか、証言から矛盾を見つけても、矛盾にあてはまる証拠が複数あるとか。
今まではギャグがカバーしてくれていたんですけどね。
オドロキ君の水木しげる顔芸だけでカバーするのはちょっとしんどいかなーw


と、酷評ばかり書いてきましたが、プレイしてる間はそれなりに楽しかったんですよ?

楽しかったんですけど、期待してた分、物足りないところが多かっただけに
クリア後の熱が冷めた状態だとネガティブなところにばかり目がいってしまうんですよ。




あー、なんか1~3をもう一度やり直したくなってきたw
スポンサーサイト

ヴェスペリア感想。

はい、そういうわけでクリアしました「テイルズ オブ ヴェスペリア」


テイルズ オブ ヴェスペリアテイルズ オブ ヴェスペリア
(2008/08/07)
Xbox 360

商品詳細を見る

そんでまぁ感想のほうなのですが、結論から言ってしまいますと



「良くも悪くもいつも通りのテイルズだったな」と。



フィールドや戦闘のさわり心地はPS2のアビスと同じでした。

おそらくですが、プログラムの基礎部分を360用に新調し、ゲームの基礎部分はPS2のものを移植。
その上にスキル習得やフェイタルストライク、オーバーリミッツなどのシステムを後乗せ。
―――だったのではないかと。


過去のシリーズを引き継いでいるため、安定感はあるのですが、
悪いところも引き継いでおり、戦闘の複雑な操作や、ごり押しばかりで戦略がないといったところも。

一つ一つできることが増えていく作りはよかったですけど、やっぱり最終的には要素多すぎでした。



シナリオのほうは、今回主人公が結構大人でうじうじ悩んだりせずに進むか・・・と思いきや、
そのへんは仲間(特にヒロインとカロル先生)が担当して結局いつも通り。


というか、テイルズのシナリオって毎回同じ流れですよね。


主人公が目的を果たすために旅立ちました。
        ↓
        ↓
なりゆきで大きな悪の企みに巻き込まれました。
        ↓
        ↓
世界の支配(又は破壊)を目論む悪人(たいてい権力者)が現れました。
        ↓
        ↓
世界が崩壊の危機に陥りました。主人公一味しか危機に気付いてる人がいないので頑張りましょう。
        ↓
        ↓
悪人は悲しい過去のせいで歪んでしまった人でした。
        ↓
        ↓
悪人の言い分を否定し、倒して世界を救いました。
        ↓
        ↓
   めでたしめでたし。


別にこういう流れが悪いわけではないんですが、流石に毎度毎度同じ展開だと飽きます。
そろそろ「スイーツ(笑)」のように、「世界の危機(笑)」とか言われても不思議じゃない。

なんでこう、日本のRPGは無駄に話の規模を大きくすんだろう。
世界を救えば感動が得られるとか思ってんのか。


「10代のイケメン・美少女御一行が世界を救う」話はもう飽きたんじゃーーーーッ!!!





────── 話が脱線しました。

ええと、大量のスキット(小話)でキャラに愛着を持たせる作りはとてもいいですね。
顔グラフィックだけで作るから作業量も少ないですし、声優さんの演技もいいから楽しいですし。


しかしメインシナリオでボイスなしのイベントが時々あり、「容量が足りなかったのかな?」と思いきや
どうでもよさげなサブイベントにボイスが入ってたりと謎な部分も。

いったい何を基準にボイスの有り無しを決めていたんだろう・・・?

ホトトギスが鳴くまで待った僕勝ち組。

ようやくXBox360の値下げ正式発表が出ました。TOMYです。

しかも今回は¥5,000~8,000の大幅値下げ+HDD増量という大幅アップデート。
これで保留状態だった360購入計画にGOサインが出せるというもの。

しかし360は少々特殊なハードであり、
オールインワンの上位パッケージを買うか、廉価版の下位パッケージを買って必要なオプションを別売りで買うか。
その選択によって合計購入金額もかなり変わってくるという、どれを買えばいいか選択がややこしい機種。

そこで自分用のメモとして、各種情報をここに記載していこうと思います。


まずは各種パッケージの内容物の違いから。

価格値下げ額付属品備考
XBox360 アーケード19,800円-8,000円256MBメモリーユニット
AVケーブル
HDD無し
XBox360 通常パック29,800円-5,000円60GB HDD、D端子ケーブル
メディアリモコン
-
XBox360 エリート39,800円-8,000円120GB HDD、D端子ケーブル
HDMIケーブル、ヘッドセット
-


各種パックの金額末尾が○9,800円に揃えられました。
とうとうメリケン共も¥19,800から¥17,800に値下げするより¥21,800から¥19,800に値下げされたほうが安く感じるという○キュッパ戦法を覚えたようです。

チッ、小賢しい。


続いて自分が求める必須内容。

・次世代機用にHDMI付きディスプレイを購入したので、映像出力はHDMI一択。
・HDDインストールが開始されるということなので、HDD必須。

以上、二つの条件から求められるプランは以下の通り。


・プランA
購入品目備考
XBox360 エリート¥3,9800HDMIケーブル、120GB HDD同梱
合計金額¥3,9800

余剰品:ヘッドセット・D端子ケーブル。
全プラン中、HDD容量・コストパフォーマンスがもっとも高い。


・プランB
購入品目備考
XBox360 通常版¥29,80060GB HDD同梱
360用 HDMIケーブル¥5,0000-
合計金額¥34,800

余剰品:メディアリモコン・D端子ケーブル。


・プランC
購入品目備考
XBox360 アーケード¥19,800-
360用 HDMIケーブル¥5,0000-
20GB HDDオープン価格旧価格・¥9,500
合計金額 (予想)¥3,4300以下

余剰品:AVケーブル。
全プラン中、合計金額がもっとも安い。
しかしオプションの20GB HDDがどうなるか未定。20GBが売り切れていた場合はプランDになる。


・プランD
購入品目備考
XBox360 アーケード¥19,800-
360用 HDMIケーブル¥5,0000-
120GB HDD¥15,750-
合計金額¥40,550

余剰品:AVケーブル。
全プラン中、あらゆる点で最悪のプラン。



20GB HDDが投げ売りされる可能性もあるためプランCが潜在能力を秘めてそうですが、20GBは少々心許ない。
だがしかし、120GBも容量が必要になるとは思いがたいので、プランBが安定か。

しっかし、規格乱立時代だからしかたないのかもしれないですが、ホントややこしいですねー。
それにほとんどのプランで余剰品が出るのも気に食わない。
どうせなら本体のみのパッケージを出して、あとは好きにオプションを買う方式にすればいいのに。

あー、でもそれやっちゃうと孫に買ってく爺ちゃんなんかが困るなぁ。
となると、やっぱりオールインワンのパッケージは必要ですね。

・・・いやでも現状でも十分、爺ちゃん困りそうな気がするなw

テイルズのDLC(ダウンロードコンテンツ)販売について。

今日も溜まっている読了本の感想でも書こう、と思っていたのですが、
ふと目にとまったニュースで、気になるものがありました。

XBox360用ソフト、『テイルズ オブ ヴェスペリア』、ゲーム内のお金やレベルアップをDLC販売。

テイルズ オブ ヴェスペリアテイルズ オブ ヴェスペリア
(2008/08/07)
Xbox 360

商品詳細を見る


今日は予定を変更し、コチラの問題について稚拙ながら私見を述べてみることにします。


■ レベルアップを販売するのは是か非か?

近年はゲームをプレイする年齢層が広がり、大人でもゲームをプレイされる人が増えてきました。
しかし社会人ともなると、ゲームに充てる時間が十分に取れないことが多く、
そういった人向けにレベルアップを販売する、という企画はおおいに理解できます。

しかし、理解できるからやっていいか、と言えばまた別モノ。
今回の件は

「明日から期末試験だ。赤点取った奴は補修だからな!ただし、先生に5000円払ったやつは30点加算してやる」

と言ってるようなもの。

仮に実力で80点を取ったA君と、5000円払って80点を取ったB君がいた場合、
A君は「5000円払わずにB君と同じ点数で得した」とは思わないでしょう。

今回、ユーザーが感じているのはそういう類の感情であり、
そういった批判は企業イメージを悪化させてしまうでしょう、というのが僕の私見です。

しかし開発もバカではないので、こういった批判が出てくることは予測できたはず。
ひょっとすると僕が想像できていないだけで、こういった批判を受けてでも有り余るメリットが存在するのでしょうか?


■ 販売金額は妥当か?

「追加データではなく、データのアンロックで金銭を取るのは不当だ。せめて無料にすべきだ」
という批判があります。
しかしサーバーなどの管理費があるため、たとえ無料のダウンロードコンテンツがあったとしても、
それは企業の身を切ったサービスであり、ユーザーが "無料でないこと" を批判するのは筋違いということなのです。

でも正直なところ、ユーザーはンなもん知ったこっちゃねぇですよね。

なので企業は文句の付けにくい販売方式を取らないといけないのですが、
今回の件でバンナムは、その努力を怠っているのではないでしょうか?

モノがレベルアップなだけに安く設定することはできなかったのでしょうが、
10Lvアップで450円というのは、やはり高く感じてしまいます。

また、バンダイナムコ製品ということで他のソフトのDLCも槍玉に挙げられているようですが、
見たところ「アイドルマスター」や「エースコンバット」などのDLCはキッチリ新規データを作成しているようですし、
タイトルごとに開発や責任者は別ですので、一緒くたにして叩くのもまた筋違いです。


■ 結論。

理解できる部分もあるが、ユーザーの心情に対する配慮が足りない。

それが今回の僕の結論です。

しかし、読み返してみると当たり前のことしか書いてませんね・・・。
いつになく意味のない駄文ですが、それが当ブログの特色なので諦めてください!

デビルメイクライ4・PC版ベンチマークテスト結果。

ヨドバシでデモを流していたのが気になったので、自分のマシンでもテストしてみました。

OSXP
CPUIntel Core2 Duo 2.66GHz
メモリ4GB
ビデオカードNVIDIA GeForce 8600 GT

このマシン構成で結果がコチラ。

devil_bench.jpg

・・・今年のはじめに購入したマシンですら、深刻なスペック不足のようです。
ハイスペックとはいかずとも、ボチボチの性能の構成にしたつもりだったのですが・・・。

うーん、ボトルネックはCPUかGPUか。
場所によっては60FPS出ているところもあるから、やはりGPUでしょうか。

家庭用据え置きハードより高性能なパーツを使っているはずながら、結果で勝てないPC。
まぁ、汎用機と専用機を比べるなって感じではありますが。

単純にカタログスペックだけでは判断できない問題や相性など、そういうのを追及して楽しめる人はいいんでしょうけど、
残念ながら僕はそう思えないヘタレ野郎なんですよね・・・。

世界はもっとシンプルになってくれないかと願うダメプログラマです。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。